TOP>防災・セキュリティ>防災

防災 Disaster Prevention

「自助」と「共助」で支え合う

防災への新たな取り組み「サークルエイド」

サークルエイド

プラウドでは、ご自身と大切な家族を守るための「自助」と、マンション内でともに助け合うための「共助」の両方から防災に備える総合的なプログラム「サークルエイド」が導入されています。
防災のための『ハード(設備や備品)』と『ソフト(サポート)』があることで、万一の際における円滑な救助作業や被災時生活がサポートされます。

非常用発電機

災害時に電力が停止した場合、非常用発電機が約72時間稼働※。非常用エレベーター(1台)も利用できます。
また給水ポンプや排水ポンプの作動に必要な電力を供給するので、住戸内のキッチン、洗面、バスルームの水が使用でき、トイレの水も流すことができます。

※運転時間は、設計上想定している負荷使用時のものとなり、時間制限がございます。
※住宅専有部には送電されません。
※トイレの操作については付属の停電時間キットが必要になります。こちらの使用は乾電池が必要になります。

防災倉庫

防災倉庫拠点階図

専有防災用品(一例)

防災倉庫拠点階図
  • 簡易トイレ

    簡易トイレ

  • 単3電池

    単3電池

  • 手回しラジオ

    手回しラジオ

  • 折り畳みポリタンク

    折り畳みポリタンク

  • ゴム引き軍手

    ゴム引き軍手

  • 収納ケース

    収納ケース

タワーマンションという建物の特性を踏まえ、各フロアに防災倉庫が設置されています。
日用品や食料などの備蓄のための倉庫ではなく、一般家庭では購入しにくいものや災害時にマンション内での共助活動の際に使用するものが格納されています。
尚、5、10、15、20、25、29階の各階は防災倉庫の拠点階とし、救助用品も含め他の階よりもアイテムの数が多く揃えられています。

地震管制装置付エレベーター

地震管制装置付エレベーター

地震対策として、地震を感知した場合、走行中のエレベーターを最寄り階に停止させてドアを開く地震管制装置や、停電時にも閉じ込められることなく最寄り階に止める停電時自動着床装置が設置されています。

耐震仕様ドア枠

耐震仕様ドア枠

地震による圧力でドア枠が変形し、玄関が開かなくなることがあります。
「プラウドタワー名古屋栄」では、避難経路を確保するため、ドアとドア枠の間に隙間を確保し、多少変形した場合でも開閉できるよう配慮されています。
※想定以上の強い圧力が掛かると、扉が開かなくなる場合があります。

24時間有人防災センター

image photo image photo

業務商業棟に24時間有人管理の防災センターが設置されています。
つねに人がいることにより、緊急時でも迅速な対応が行えます。

※上記の内容は分譲当時のパンフレット内容を基に掲載しております。掲載している画像・素材などの情報は、分譲もしくは竣工当時に作成・撮影したものとなり、実際とは異なる場合がございます。

このマンションに関するお問い合わせ ▶ ▶ ▶
中古物件はこちら 売却の相談はこちら